日本の日 伝統の技 泥水雅趣

推薦のことば

「あじま左官工芸」は、初代熊治氏の上京創業以来、二代目・康蔵氏、三代目・現當一浩氏と代々が篤信によって培われた正直にして誠実な一途の工風を守ってきました。その歴史の中で確かな技術を学び、培った優秀な職人集団です。吾寺が、昭和56年宗祖大遠忌を記念し南都の西岡常一氏を棟梁に、小川三夫氏を現場棟梁として祖師堂を重興した折、尾州材の木舞に荒壁を塗籠める「あじま左官工芸」の職人達の真摯で心打つ仕事ぶりは、忘れられないものです。これからも一層技を研き伝統を重ねられるよう熱祷いたしております。
大本山 法華経寺 貫主 新井日湛

旧友の友であり、私にとって真に技術と文化を語り合える職人仲間として、たがいに現場を往来する仲でもあります。阿嶋さんのように謹言、実直、誠実な人柄が建築の文化を守り育て、歴史を作る担い手になると信じています。急な飛躍を望む職人では、このような過去、現在、未来をつなぐ地道な仕事は勤まりません。東京を代表する左官として「あじま左官工芸」を応援します。
泥水師 久住 章

あじま氏は愉快かつ実直な左官。全国に散らばる心ある左官職人からも、深い信頼をされる人物だ。季節移ろう四季の中で対応していかなければならない左官。左官=【水物仕事】にマニュアルはなく、単に腕が良いだけでは、この仕事は成立しがたい。統一された漆喰の肌合い、一枚の大きな塗り壁は、職人を束ねる力とチームワークではじめて仕上がる。あじま氏は、そんな人間力のある左官だと思っている。
土のソムリエ 挟土秀平

















































あじま左官工芸は社寺建築、文化財を中心に幅広く営業しております。
古くからの伝統の手法を重んじ、新しいことにも挑戦する姿勢を忘れずに、
これからもあじま左官工芸は常に新しい開拓を努力して参ります。

施工実績一覧

お知らせ

文化財保存・復元技術展

第3回 文化財保存・復元技術展に
出展いたしました。

 今年で、3回目のイベント「文化財保存・復元技術展」(主催;一般社団法人日本能率協会)に2回目に続き出展いたしました。会場では多くのお客様・関係者の皆様にご来場いただき、大盛況の3日間となりました。今回は、重要文化財指定された「古民家再生」をテーマに、伝統的な小舞下地、中塗り仕舞、漆喰塗り、更に三和土(タタキ)仕上げまで、弊社が得意とする伝統左官のサンプル展示と写真パネル・映像紹介にて、興味深くご覧いただきました。

文化財保存・復元技術展

文化財等の工事経歴

(株)あじま左官工芸では、各自治体指定重要文化財・国指定重要文化財や国宝建造物や貴重な建築物などの修復・復元工事に近年、力を入れてまいりました。歴史的遺産であるこれらの重要文化財の保存・復元に少しでも力になれるよう弊社スタッフ・職人が伝統の左官技術と保存のための新しい技術も取り入れて日々精進して参りました。ここに最近の工事をPDFにして作成いたしましたので、皆様の参考にしていただければ幸いです。

YouTube Movie

YouTube Movie

伝統左官技術である本三和土の工事を記録いたしました。「三和土」は土、漆喰、苦汁から成る自然材料を用いて行われます。寺社、民家に調和する、環境に優しい伝統的なたたきづくりを紹介いたします。

YouTube Movie

古民家再生 秩父市 内田家住宅保存修理工事(国指定重要文化財) 平成28年12月竣工
あじま左官工芸の伝統左官技術で埼玉県秩父市にある内田家住宅(国指定重要文化財)の古民家再生を工事記録いたしました。小舞下地造りから荒壁付け、中塗り仕上げの一連を撮影し紹介いたします。

YouTube Movie

駿府城公園坤櫓復元工事記録をYouTubeにアップロードしましたのでどうぞご視聴ください。この映像は、工事に­従事した職人が記録した映像をもとに編集いたしました。ほぼ1年間かけて撮影しましたので工法などもよく分かるかと思います。皆様のご感想をよろしくお願いいたします。

YouTube Movie

・寛永寺黒門屋根 漆喰工事映像

 

塗壁工法Q&A

塗り壁は生活環境の3大悪臭や化学物質を消臭分解、シックハウスを解消します。

塗り壁は健康に良いと聞いたのですが、本当ですか?
本当です。日本建築古来の漆喰、土壁、本京壁、などは天然素材100%で安心です。今、もてはやされている珪藻土などは、特に調湿性の優れた建材です。シックハウス症候群には、左官は救世主なのです。
住宅やマンションに貼ってあるクロスを塗り壁にしたいのですが、可能ですか?
可能です。クロスをはがして下地処理をすれば、塗り壁が塗れます。
昔の壁は、触るとぱらぱら落ちてきましたが、今の塗り壁は大丈夫ですか?
ご心配は要りません。昔の壁に多かった繊維壁は、今ではほとんど塗られていません。現在の塗り壁工法ではラフな仕上げが多くなっていますが、気になるのであれば、かた押えの仕上げ、鏡面 仕上げなどの工法を選んでいただければ、ベターです。
予算がないので、自分達で塗りたいのですが、出来ますか?
大丈夫です。エンドユーザーの方々が、ご自分で塗るケースは増えています。ワークショップの作業指導、技術指導なども、当社では積極的に行っています。
昔からある漆喰壁を塗りたいのですが、成分は何ですか?
成分は上石灰、上貝灰、晒しスサ、角又糊などです。全て自然素材で配合しています。当社では社寺建築、文化財などの工事で使用されている本漆喰を大量 に仕入れていますので安価でご提供させていただいております。
左官の塗り壁は種類や色があまり無いのでは?
まったくの誤解です。壁の色、デザイン、テクスチャーや素材を変えたりして、バラエティは無数にあります。
塗り壁だけでなく、床などの工事も頼めますか?床はどこのお宅もタイルやモルタルが多いのですが、他の仕上げはありますか?
床工事も左官の代表工事です。ハウスメーカーの住宅、建売、マンションなどはタイルがほとんどですが、左官工事では、人造石洗い出し仕上げ、タタキ仕上げなどの種類があります。洗い出しは、お好みの色、形、大きさの石を使って多種多様のデザインができます。特に、タタキ仕上げは三和土風タタキ仕上げ、ネオソイル仕上げともいい、当社のオリジナルで大ヒット商品です。土間の中に豆砂利や、ホタテの貝殻、瓦などを砕いて入れる場合もあり、とても好評です。
予算がなく、外部はサイディングが嫌なので、モルタルに吹付けを考えています。何か、良い案がありますか?
モルタルにグレードの良い吹付けをお考えでしたら、左官の掻き落としもできますし、リシンや、漆喰調の仕上げ、生石灰クリームといろいろな仕上げがございます。もちろん、工法によっては珪藻土も十分に可能です。